自由が丘の美容・審美歯科相談室

歯科金属アレルギー対策

歯科金属アレルギーについて

メカニズム

金属が溶け出して体の蛋白質と結合し、過剰反応を起こすのです。
歯肉から浸出液、食べカス、細菌が産出する酸、温度の変化、咬む力が働く部分の金属に起こる応力など。
口の中ではこれら影響があり、アレルギーが発生しやすいのです。

影響

まず歯肉が黒ずんできて、湿疹やかぶれという形で全身に広がる場合や最初から湿疹やかぶれが全身に出る場合があります。歯肉が黒ずむという兆候があれば、湿疹やかぶれの原因が歯だと推測できます。

ところが全身にいきなりアレルギー症状が出ると、なかなか歯が原因だとは気がつきません。
最近急増しているアトピ-性皮膚炎も、歯の詰めものや、かぶせものが原因になることがよくあるのです。
金属アレルギーをお持ちの方は、その症状が消えない場合には口腔内の詰めものや、かぶせものが原因かもしれないとお考え頂き、是非一度ご相談ください。

『アマルガム』という材料

成分の約50パーセントが水銀という、非常に危険な物質です。
現在欧米の一部では禁止されているにもかかわらず、日本では、まだ多くの歯科医院で、使われ続けているのです。
除去すると、人によって瞬時に肩こりが解消したり、アレルギー皮膚炎などの湿疹が1~2ヶ月で消えたりすることを多く経験しています。
早期に取り除き、体にやさしい材料と取り替えることをお勧めしています。

金属アレルギー対策

金属を用いない治療を行うことが賢明な選択です。
用いられる材料がセラミック(非金属無機材料)ならばベストです。
生体親和性が高く劣化しない材料で、審美性にも優れています。

ただしセラミックは保険の対象外ですから、少し費用がかかります。
プラスチックなら保険はききますが、破損しやすいので、使うところに制限があります。

セラミック治療のメリット

  • 健康に良い
    環境ホルモン、金属アレルギーの問題やアマルガム・水銀毒溶出問題など体に優しいセラミックを使った治療ならば、これらの影響を受けず問題なく解決します。
  • 自然で美しい
    金属とは違い白く、自然で美しい仕上がりになります。また、歯肉の黒ずみがなく、いつまでも歯肉を美しく健康に保てます。
  • 咬み合わせが良い
    咬み合わせが正しくとれるので、体全体に優しい治療なのです。集中力の増加、腰痛や肩こりの軽減などの影響をもたらします。
  • 高精度
    正確な寸法でつくりますので、すきまがなく、二次的な虫歯の進入を防ぐことができます。長持ちすることも大きなメリットです。

治療例

オールセラミックの治療例1

治療前

上の真ん中の2本歯に古いさし歯が入っていますが、長さ、大きさ、バランスが悪く、その上,色、透明度も不十分で美しくありません。
さし歯の中に金属があり、イオンが流れ出て周りに歯肉がアレルギーを起こして、歯肉が黒ずんでいます。

治療後

治療後上の前歯4本の歯並びを揃えるために、オールセラミックをかぶせました。
これで全体の長さ、大きさ、幅、ふくらみ、などのバランスを揃えることができ、金属を使わないので、アレルギーが発生せず、健康で引き締まった歯肉になり色、透明感が十分な美しさを持った歯を、再現できました。患者さんも、満足しています。

オールセラミックの治療例2

治療前

治療前上の向かって右2本のさし歯が、色調、透明感がマッチしていないのでアンバランスですね。そのため、この場所だけが浮いて目立ちます。また金属アレルギーがあり歯肉が黒ずんで不健康ですね。

治療後

治療前上の前歯4本に、オールセラミックをかぶせました。これにより歯並びが揃い、長さ、大きさ、幅、ふくらみ、などのバランスがとれ、全体的に美しさを再現できます。患者さんは、思い切り口を開けて笑うことができると喜んでいます。

治療方法はこちら 治療例はこちら



PAGETOP